japanese Niedersachen klar Logo

家族は私たちの将来

将来のある家族 - 子供の教育と養育

家族の安楽はニーダーザクセン州政府の大きな関心事です。家族は子供の発育の底辺であると同時に私たちの社会の基礎を成しています。

親と子が共に日常生活を乗り切って行くためには、家族に優しいインフラ構造が必要となってきます。その中核をなしているのは質が高く、信頼できるケアや教育の機関です。これらは子供の成長に有意義であると同時に、両親が職業に就く可能性も提供します。都市や地方自治体は、需要に合った、放課後の子供たちの教育・保護を引き受ける保育施設の拡充という課題を負っています。 州のプログラム「将来性のある家族」は、2007年から2010年まで州予算から更に100万マルクの補助金を準備しています。

  • 最重要目標は、特に3歳以下の子供の世話に焦点を置き、保育施設を質・量の両面から拡充させる
  • 加えて信頼性と柔軟性に富んだ保育の可能性
  • 既存の施設やその他の保育機関をよりうまくコーディネートし、さらにその質の改善
  • 質の高い幼児教育と個々の能力を伸ばすための促進教育 (特に小学校入学を一年後に控えた子供たちが対象、その一年間を「橋渡しの年」と呼ぶ) によって小学校に入るための堅実な前提条件が満たされる。州はここでも教育機関や幼稚園に対して援助を行います。

家族に優しいインフラ構造の構築を通して、州政府は最年少の世代を対象に家族政策や文教政策を進めていきます。社会は親と子供を歓迎します。なぜなら子供たちは私たちの将来だからです。

女性に優しい職場

今日職業を持つ女性や男性、それに家族に求められるものは多く、それらの調整が困難であることも決して稀ではありません。職業人は極度にフレキシビブルであり、四六時中スタンドバイ体制にあることを要求される一方、家庭では家族と一緒に食事をしたり、日々の慣例を怠らず決まった時間にスポーツやゲームをしたり、またリラックスの時間を取ったりしなければなりません。しかし仕事のために子供の教育や養育に必要な時間が十分に取れないことも決して稀ではありません。

今日の夫婦は、個々の職場や家庭の状況に合ったパートナーとしての仕事の分担を望んでいます。その際大切なのは、家庭を持つ職業人を意識した家庭に優しい労働環境を作り上げることです。専門知識を持つスタッフを得るための競争が激化する中、家庭と職場の両立の可能性を提供する企業に専門家獲得のより良いチャンスがあります。ニーダーザクセン州が産業界と協力して、そのためのコンセプトや戦略を開発する理由も実はここにあります。

ニーダーザクセン州は下記のようなプロジェクトで、家庭と職場の両立のための援助をしています。

    • フレキシブルな労働時間モデルの促進
    • 専門労働力養成プロジェクトの促進
    • 女性と職業のコーディネート

The family
ページ上へ
モバイルビューに切り替え