japanese Niedersachen klar Logo

博物館

ニーダーザクセン州には多くの貴重な蔵庫品を収集している博物館が数多くあります。例えば古い伝統を誇るハノーファー、ブラウンシュヴァイク、オルデンブルクの州立博物館、有名美術博物館、それに特別の焦点を絞った収集品を持つ小さな博物館などその種類は豊富です。560の博物館には昨今の人々の生活様式や労働、自然や技術、それに芸術などが素人、専門家を問わず誰にも分りやすく展示されています。

ニーダーザクセン州の博物館のハイライトは何といっても州最古の、最も由緒のあるブラウンシュヴァイクのアントン・ウルリッヒ公博物館 (1754年既に公開)、20世紀の芸術史をハイレベルに展示したハノーファーのシュプレンゲル博物館、それに個人コレクションをもとに始まったエムデンの美術館です。その他特定の芸術家の作品を展示しているところも多く、その例としては、オスナブリュックのフェリックス・ヌスバウム館やオルデンブルクのホルスト・ヤンセン美術館が挙げられます。

博物館・美術館の他にも合計50の美術愛好会や、ギャラリー、その他の関連施設があり、常設、または特別展示を通して歴史テーマ、時局のテーマ、芸術、自然、技術、その他生活の多面に亘るテーマが扱われています。

ページ上へ
モバイルビューに切り替え